09 Aug恋愛も使い捨ての時代

一途に愛することも、一途に愛されることも、今となってはおとぎ話になりつつあります。

バブル景気の時にはブランド思考の方が多かったですが、現在は日本市場から撤退するブランド店が増えているように、ブランドの価値は低下しています。ブランド店が撤退した後に出店したのがファストファッション店、ファストファッション店の店名は横文字が使われていますが、製造を請け負っているのはアジアの発展途上国、かつては欧米のブランド服を着ていた人が、現在はファストファッションを楽しんでいます。
恋愛においても、かつては3高(高学歴・高収入・高身長)が持て囃されましたが、現在の恋愛は安定志向、付き合うなら大金を稼がなくてもコツコツ真面目に稼ぎ続ける方を求めます。
コツコツ真面目に稼ぎ続けるのは日本人の特性に合致、そのため安定志向になりつつも日本経済は復活基調にあります。経済が復活して国民の懐が潤うと現れるのがスケベ心、パートナー以外との恋愛、つまり不倫に走る者が増えています。夫婦になると責任を負うこともありますが、不倫は欲求だけを満たし、都合が悪くなれば別れれば良いだけですから、ファストファッション感覚で恋愛を楽しめるのが不倫です。

彼女作りのテクニック

Post Tagged with